トップページ | 『斜陽』の時代から遠く離れて »

2007年2月22日 (木)

まず最初は太宰治です

本日より、いよいよ本屋を開店したいと思います。

アフィリエイトを利用してなので、たいしたことをやる訳では

もちろんないのですが、文学や哲学、経済学などが好みの

私としては、なかなか系統立てた読書案内のブログに

出くわさないので、それなら自分で作ってしまおうと

思い至ったのです。本の紹介をするブログは数多く見ますが、

ここでは芋ヅル式にある程度関連のある本の紹介をしていき、

結果として読書の世界がより開けて、多くの作品に興味を

持ってもらえるような、そんなブログが作れればいいと思います。

単純な動機ではあるものの、やるからには徹底的にこだわって、

一人でも多くの人に読書の楽しみを味わって

いただきたいと思います。この本屋の皆さんにとっての

メリットはとても単純なものです。私が今までに読んできた

数多くの本の中から、よかったものを皆さんに紹介して、

順番に見てもらうことによって、ある程度、

そのジャンルの見取り図が描けるようになり、

自分でも面白そうな本が探せるようになるということです。

そこで、まず一番最初にお奨めなのが、太宰治です。

太宰の小説は、よく「はしか」に例えられることがあり、

青春の一時期に誰もが通過する道であるとも言われますが、

実は大人になって社会に出て、色々なことを経験してから、

じっくりと読み進めていくのにふさわしい作家だと

私は思っています。まだ読んだことがない人は、ぜひどうぞ。

この斜陽という作品はとにかく説明抜きに

感動できる小説です。これが日本文学のひとつの

到達点であることは間違いないと思います。

|

トップページ | 『斜陽』の時代から遠く離れて »

日本文学」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まず最初は太宰治です:

トップページ | 『斜陽』の時代から遠く離れて »