« 太宰治の欲しかった芥川賞 | トップページ | 夏目漱石の『こころ』の謎 »

2007年3月 3日 (土)

夏目漱石~芥川龍之介~太宰治

夏目漱石を基点とし、次に芥川龍之介を配し、太宰治に至る流れ。

これは日本の文学史を見ていくときに私がよくやるやり方で、

3人の作家をつなげて理解するという方法の典型例です。

これは国語のテストにはほとんど役に立ちませんが、

自分なりに大づかみに、その時代の特徴と作風などを

関連付けて読み進んでいく際の指針にするのには優れています。

このほかの例ではいずれ紹介することになると思いますが、

大江健三郎から古井由吉、そして中上健次というのもあります。

何となく結び付けられている意味が分かればそれで充分です。

自分なりの勝手な3人の結び付けというのをぜひ楽しんでみて、

この方法の目的を共有していただければと思います。

話は変わって、夏目漱石の作品の紹介ですが、

やはり、前期3部作の1冊目にあたる『三四郎』から

読んでもらうと、その後の展開が面白くなるのではないかと

思います。ちなみに前期3部作の残り2作品は

『それから』と『門』で、後期3部作は『彼岸過迄』『行人』

『こころ』を指すのが一般的なようです。

|

« 太宰治の欲しかった芥川賞 | トップページ | 夏目漱石の『こころ』の謎 »

日本文学」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏目漱石~芥川龍之介~太宰治:

« 太宰治の欲しかった芥川賞 | トップページ | 夏目漱石の『こころ』の謎 »