« フランス思想入門 | トップページ | 物語を紡ぎ出す天才・中上健次 »

2007年3月23日 (金)

内向の世代・古井由吉

大江健三郎以後の文学界を支えた存在として忘れることができないのが、

やはり内向の世代と呼ばれた、古井由吉を代表とする一群の作家たち

であることは間違いないであろう。ただし、現在から振り返ってみると

この一群の作家たちの最も不足していたものが、実はより徹底した

内向であったことは皮肉なことだと言わざるを得ない。

批評家の柄谷行人や小説家の中上健次が期待を込めて

この世代を持ち上げたのに対して、この一群の作家たちが

きちんとその期待に応えているとは思えない。

ただ、わずかにこの世代の中でも古井由吉が独自の作品世界を

現在に至るまで構築し続けているといったところだろうか。

|

« フランス思想入門 | トップページ | 物語を紡ぎ出す天才・中上健次 »

日本文学」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 内向の世代・古井由吉:

« フランス思想入門 | トップページ | 物語を紡ぎ出す天才・中上健次 »