« 文芸批評家としての蓮実重彦 | トップページ | 堕落することを拒絶し続けた坂口安吾 »

2007年3月30日 (金)

質の高い戦争文学を書く大岡昇平

戦争体験を宗教や倫理の問題にするまでに文学的に

優れた才能を発揮したのが、大江健三郎もよく話題にする、

大岡昇平である。その作品世界には戦争の悲惨さはもちろんのこと

人間そのものが描かれており、どの作品をとっても、

とても考えさせられるいい作品に仕上がっている。

とりあえずその中でも代表的で、ぜひ読んでもらいたいものを

3作品ほど紹介しておきたい。

|

« 文芸批評家としての蓮実重彦 | トップページ | 堕落することを拒絶し続けた坂口安吾 »

日本文学」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 質の高い戦争文学を書く大岡昇平:

« 文芸批評家としての蓮実重彦 | トップページ | 堕落することを拒絶し続けた坂口安吾 »