« フッサール現象学の新たなる継承者としてのデリダ | トップページ | 様々なものを分析するロラン・バルト »

2007年5月14日 (月)

デリダの脱構築を解説することは可能か

ジャック・デリダの言う「脱構築」ということを解説することは

本当に可能なのだろうかという疑問は常に残るが、

それでもデリダをより詳しく理解しようとするなら

やはりいくつかの解説書が必要になってくるだろう。

それはまだデリダの作品の全てが翻訳されていない

ためばかりではなく、物事を理解するためには

本人の言っていることだけではなく、

他人の批評や解説というのが考える糸口に

なることは多いと思うからである。

ここでは本をたくさん読んで、自分でいろいろ考えることを

楽しんでもらいたいという方針で作品を紹介しているので、

ここに紹介したもののみが良いということではもちろんないが、

かなり時間をかけて吟味はしているつもりなので、

皆さんの本選びの参考にしていただければと思います。

|

« フッサール現象学の新たなる継承者としてのデリダ | トップページ | 様々なものを分析するロラン・バルト »

思想・哲学」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: デリダの脱構築を解説することは可能か:

« フッサール現象学の新たなる継承者としてのデリダ | トップページ | 様々なものを分析するロラン・バルト »