« 吉本佳生さんの『クルマは家電量販店で買え!』を読んでみた | トップページ | 吉本佳生さんの『禁欲と強欲 デフレ不況の考え方』を読んでみた »

2010年9月11日 (土)

ポール・R・シーリィさんの『あなたもいままでの10倍速く本が読める』を読んでみた

ポール・R・シーリィさんの『あなたもいままでの10倍速く本が読める新版
常識を覆す学習法フォトリーディング完全版!』を読んでみた

 (5つが最高)

結果から言えば、私には「フォトリーディング」は

まったく出来なかったし、当面必要のない技術であった。

今回の収穫は、とにかくこの「フォトリーディング」が

今の自分には必要のない技術であることが

分かったということが一番大きなものだろうか。

まず、出来なかった理由は、私は本そのものを

しっかり見てしまうタイプなので、この本で

紹介されているような焦点を本の外にもっていったり

ぼんやりと全体を写し取る見方が出来ないためだ。

私はとにかく走っている車の中でも

外の看板に書かれた文字を読んで

気持ち悪くなってしまうような人間なので

文字を目の前にして、それを読まずにいるという

ことが基本的に出来ないのだ。

そして、必要がない理由は、私はもともと

小説やエッセイを読むことが多く、

速く読むメリットは続きが知りたいという欲求を

速く充足できるということにあるので、

潜在意識の中に流し込むのでは

文章や内容を味わうことが出来ないのだ。

しかも、成功習慣の本を「フォトリーディング」するなら

それは潜在意識の中に情報があれば

自然と行動が影響を受けるということが

あるかもしれないが、現在の課題はブログに

本を紹介することなので、はっきりと内容が

意識されていなくてはならないのだ。

潜在意識の中にあるだけの情報であれば

それを無意識のうちに口にすることがあったとしても

意識的に文章にすることが出来ないので

今の私には役に立たないのだ。

確かに脳には驚くべき能力があると思う。

新書ぐらいであれば、見開きの2ページを

脳に焼き付けることは可能かもしれない。

そしてそれが役に立つ人もいるだろうが、

私が求めていた技術は文章を速く読む技術である。

意識に残ったものをブログに書き残しておくことが

私の今の楽しみなのである。

次は別のタイプの速読法の本を探してみよう。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1部 拡がる人生の選択肢(こうして、フォトリーディングは生まれた/古い読書法に固執するか?それとも…)
第2部 フォトリーディング・ホール・マインド・システムを学ぶ(ステップ1 準備/ステップ2 予習/ステップ3 フォトリーディング/ステップ4 復習/ステップ5 活性化)
第3部 スキルを活用し、マスターしよう!(フォトリーディング・ホール・マインド・システムを生活の一部に/フォトリーディング・ホール・マインド・システムで勉強しよう!/究極の読書法で生涯学習─シントピック・リーディング/最強のビジネスツール─グループ活性化で情報共有/フォトリーディング経験を豊かなものに/「天才」を目覚めさせよう!ダイレクト・ラーニング/フォトリーディング・ホール・マインド・システムの極意)

あなたもいままでの10倍速く...

あなたもいままでの10倍速く...

価格:1,470円(税込、送料別)

|

« 吉本佳生さんの『クルマは家電量販店で買え!』を読んでみた | トップページ | 吉本佳生さんの『禁欲と強欲 デフレ不況の考え方』を読んでみた »

自己啓発」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ポール・R・シーリィさんの『あなたもいままでの10倍速く本が読める』を読んでみた:

« 吉本佳生さんの『クルマは家電量販店で買え!』を読んでみた | トップページ | 吉本佳生さんの『禁欲と強欲 デフレ不況の考え方』を読んでみた »