« 林康史さんの『〈図説〉マネーの心理学』を読んでみた | トップページ | スティーヴン・D・レヴィットさんの『ヤバい経済学』を読んでみた »

2010年9月29日 (水)

オリバー・ベレスさんの『デイトレード マーケットで勝ち続けるための発想術』を読んでみた

オリバー・ベレス/グレッグ・カプラさんの『デイトレード
マーケットで勝ち続けるための発想術』を読んでみた

 (5つが最高)

オリバー・ベレスさんもグレッグ・カプラさんもともに

トレーダーの教育と投資情報提供を手がける

プリスティーン・キャピタル・マネジメント社の

共同創業者であり、その運営するWebサイト

「Pristine.com」は、バロンズ社により

「オンライン・トレーダーのためのNo.1サイト」に

選ばれており、キャリア10年以上の

現役のデイトレーダーでもあるということです。

そのため、とても興味深い熟練したトレーダーの世界を

充分に伝えてくれており、トレードの面白さが

とてもリアルに伝わってくる作品です。

情報量も申し分なく、とても豊富なヒントに溢れています。

デイトレードに挑戦してみたいと考えている人は

ぜひ一読してから、市場に挑んでもらいたいものです。

ただし、この本は投資テクニック本ではありません。

訳者の林康史さんによると、この本は2部構成の

第1部で『心構え編』であるということで、

第2部の『スキル編』は、内容がアメリカのことで

日本人には馴染みがないということで割愛

されてしまっているためです。

けれど、投資テクニックは他の本で研究すれば

よいので、この本は心構えを知るものとして

充分満足できる内容ですので、

ぜひ読んでみていただければと思います。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 トレーディングの勝者への誘い―熟練したトレーダーの世界を理解する
第2章 優れたトレーダーへの精神修行―トレーディング行動を修正する鍵
第3章 「逆境」と「損失」―トレーディングで成功するための必要条件
第4章 真の勝者を目指すトレーニング―失ったマネーと時間を取り戻すために
第5章 トレーディングにおける7つの大罪―いかに戦い、打ち勝つか
第6章 熟練トレーダーへの道―成功をつかむための12の法則
第7章 究極のトレーダーの秘密―すべてのトレーダーが知るべき15の掟
第8章 10の教訓―究極のトレーダーになるために
第9章 究極のトレーダーから最後の言葉

デイトレ...

デイトレ...

価格:2,310円(税込、送料別)

|

« 林康史さんの『〈図説〉マネーの心理学』を読んでみた | トップページ | スティーヴン・D・レヴィットさんの『ヤバい経済学』を読んでみた »

金融・経済」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オリバー・ベレスさんの『デイトレード マーケットで勝ち続けるための発想術』を読んでみた:

« 林康史さんの『〈図説〉マネーの心理学』を読んでみた | トップページ | スティーヴン・D・レヴィットさんの『ヤバい経済学』を読んでみた »