« 勝間和代さんの『勝間式「利益の方程式」 』を読んでみた | トップページ | 岩瀬大輔さんの『生命保険のカラクリ』を読んでみた »

2010年9月 1日 (水)

ロバート・キヨサキさんの『金持ち父さんの若くして豊かに引退する方法』を読んでみた

ロバート・キヨサキさんの『金持ち父さんの若くして豊かに引退する方法』を読んでみた

 (5つが最高)

若くして豊かに引退できたら、どれほど幸せだろう。

この本は、そんな誰でも描きがちな夢をどのような心構えで

実現させるかを経験から導き出している。

取上げられているテーマはいつもどおり

「いつ、どれくらい収入のある状態で引退したいかを決める」

「なぜ引退したいのか、その理由をはっきりさせる」

「レバレッジの力を使う」など、相変わらず考えさせられる。

「金持ち父さん」シリーズでは、実際の投資の仕方よりも

物事の考え方や言葉の大切さなど心構えが

話の中心となっているが、そんな中でも

この本は目標が明確な分、分かりやすく

取り組みやすいアドバイスが満載である。

不動産ブームを捉えた買い換え手法は

銀行と利息の軽減を話し合うなどの工夫があるにせよ

かなりリスクを伴う、危険な投資に思える。

それでもキャッシュフローがプラスになる良質な

資産を生み出す必要性や、税制の優遇に

目を付けるなどの基本スタンスは見習うべきものである。

「利益は売るときではなく買う時に生まれる」という

言葉通り、まず始めの一歩が大切であり、

常にキャッシュフローを重視して

借金は危険だと避けるだけでなく、

時には良好な資産を築く手段として

お金のないところからお金を産む1つの手段として

借金というレバレッジも検討するべきである。

もちろん現在の日本の状況では

借金が得策でないことは言うまでもないことだが。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1部 頭脳のレバレッジ(若くして豊かに引退する方法/なぜできるだけ早く引退するのがいいか? ほか)
第2部 プランのレバレッジ(あなたのプランは遅いか、速いか?/豊かな未来を見ることのレバレッジ ほか)
第3部 行動のレバレッジ(習慣のレバレッジ/あなたのお金のレバレッジ ほか)
第4部 最初の一歩のレバレッジ(やり続けるにはどうしたらいいか?)

金持ち父さんの若くして豊か...

金持ち父さんの若くして豊か...

価格:2,310円(税込、送料別)

|

« 勝間和代さんの『勝間式「利益の方程式」 』を読んでみた | トップページ | 岩瀬大輔さんの『生命保険のカラクリ』を読んでみた »

自己啓発」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロバート・キヨサキさんの『金持ち父さんの若くして豊かに引退する方法』を読んでみた:

« 勝間和代さんの『勝間式「利益の方程式」 』を読んでみた | トップページ | 岩瀬大輔さんの『生命保険のカラクリ』を読んでみた »