« 羊飼いさんの『ど素人がはじめるFXの本』を読んでみた | トップページ | 岡本吏郎さんの『なぜ、あなたの会社は儲からないのか?』を読んでみた »

2010年10月17日 (日)

上野伸五さんの『外貨投資で20万円を1000万円にする方法』を読んでみた

上野さんの『外貨投資で20万円を1000万円にする方法
スーパー為替トレーダーの着実に儲けるテクニック』を読んでみた

 (5つが最高)

この本は、スワップが気になる人向けの1冊である。

FXがブームになった初期のころは日米の金利差により

スワップで儲けることが一般的な投資手法であり、

円安が進んでいたこともあって、皆がドルを買っていた。

けれどこれは、その当時の状況が許してくれた

特別な投資手法であったのではないかと思う。

もちろん、当時と同じような状況が今後もまた

起きないとも限らないので、そのときにはまた

ドルを買って黙って持っておくだけというような

外貨預金のような投資手法も有効ではある。

しかもFXでは規制が強化されたとはいえ、

まだレバレッジをかけることも簡単であり、

取引コストも外貨預金より安いので

その点では有利な金融商品ではある。

しかし、今のこの円高でスワップが少ない状況では

スワップ派はかなりの自己資金を必要とし、

リスクもかなり高くなるような気がする。

私は基本的にスワップ目当てのFXはしないが、

この本にあるような方法でコツコツと利益を

積み重ねていくという方法はアリだと思う。

上野さんには、『さざなみ投資法で儲けるFX

必勝の方程式』という本もあるので、

スワップ派で行きたいという人には参考になると

思うので、どちらか1冊でも読んでみるといいと思う。

これ以外のスワップ派の本は、古いものが多く

2010年現在の投資環境では試すのも難しい。

またアメリカ経済が立ち直ったらチャンスだと思うが。

【目次】
第1試合 着実に儲ける、さざなみ投資法
第2試合 FX取引の基礎知識をおさらい
第3試合 FXはギャンブルじゃない─運用実例
第4試合 あなたの投資スタイルを確立しよう
第5試合 さざなみ投資法を応用して、活用する
第6試合 常勝する条件、自分流の投資を発見

|

« 羊飼いさんの『ど素人がはじめるFXの本』を読んでみた | トップページ | 岡本吏郎さんの『なぜ、あなたの会社は儲からないのか?』を読んでみた »

FX(外国為替証拠金取引)」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 上野伸五さんの『外貨投資で20万円を1000万円にする方法』を読んでみた:

« 羊飼いさんの『ど素人がはじめるFXの本』を読んでみた | トップページ | 岡本吏郎さんの『なぜ、あなたの会社は儲からないのか?』を読んでみた »