« 東谷暁さんの『エコノミストは信用できるか』を読んでみた | トップページ | 上野伸五さんの『外貨投資で20万円を1000万円にする方法』を読んでみた »

2010年10月16日 (土)

羊飼いさんの『ど素人がはじめるFXの本』を読んでみた

羊飼いさんの『ど素人がはじめるFX(外国為替証拠金取引)の本
増補改訂版外貨投資でガンガン増やす』を読んでみた

 (5つが最高)

初めに断っておくが、私はFXで儲けたことはない。

もう1年くらいやっているが、キャンペーンで貰える

キャッシュバックで損失を補填して何とか続けていける

そんな情けないレベルでしかない。

だから当然、これから紹介するいくつかのFXの本は

儲けることに役立ったかではなく、私にとって

役に立ったかどうかということに過ぎない。

その「役に立つ」というときの判断基準は

FXの取引をしていく上での「やり方」について、

取引をする際の「心構え」について、

そして最後に「損をいかに少なくするか」について、

の3点について、参考になったかどうかである。

そして、この本は、FXをこれから始める人の本である。

まず、外貨投資の基礎知識から学んでいき、

為替レートやチャートの読み方、証拠金取引や

適正なレバレッジについて詳しく説明してくれる。

著者の羊飼いさんはアクセス数の多い

FXサイトの管理人だけあって解説も分かりやすく

FXのテクニックも満載で初めての1冊には申し分ない。

改訂版が出てからでも1年以上たっているため

第6章の取引業者についての記載は自分で

確かめて活用する必要があるが、

それ以外は基本的なことでとても参考になる。

「損しないための投資手法」を最後に載せているが、

ここに書いてあることだけで損をしなくなることはない。

むしろFXの重要な点は、いかに損をコントロールするか

ということに尽きると言っても良いくらいなので

各自でいろいろな管理手法と心構えを学んでいく

必要があると、損ばかりしている私は思う。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 基礎編─はやわかり外貨投資とFXのキモ
第2章 取引編─FXで稼ぐための取引テクニック
第3章 売買注文編─通貨ペアの選び方および取引ツールの活用
第4章 ファンダメンタルズ分析編─為替を動かす重要指標/要人発言
第5章 テクニカル分析編─為替チャートの読み方
第6章 取引業者編─主要業者の比較および選択ポイント
第7章 応用編─損しないための投資手法

ど素人がはじめるFX(外国為替証拠金...

ど素人がはじめるFX(外国為替証拠金...

価格:1,554円(税込、送料別)

|

« 東谷暁さんの『エコノミストは信用できるか』を読んでみた | トップページ | 上野伸五さんの『外貨投資で20万円を1000万円にする方法』を読んでみた »

FX(外国為替証拠金取引)」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 羊飼いさんの『ど素人がはじめるFXの本』を読んでみた:

« 東谷暁さんの『エコノミストは信用できるか』を読んでみた | トップページ | 上野伸五さんの『外貨投資で20万円を1000万円にする方法』を読んでみた »