« ロブ・ブッカーさんの『超カンタンアメリカ最強のFX理論』を読んでみた | トップページ | 小宮一慶さんの『〈即解!〉金融のしくみ21世紀版』を読んでみた »

2010年10月27日 (水)

南緒さんの『FX革命!』を読んでみた

南緒さんの『FX革命!短期間で爆発的に儲かるハイレバレッジ投資法』を読んでみた

 (5つが最高)

この本に書かれていることは、とにかく簡単な方法で

現在、私が利用しているFXの投機の方法論です。

南緒さん自身も一時は資金3000万円を500万円に

減らしてしまった後、たった13か月で500万円を

4億8000万円にしてしまうという浮き沈みの激しい

投機の方法であることをはっきりと認めている。

儲けすぎて海外銀行にヘッドハントされたというのは、

本当であればうらやましい限りであるが、

とにかく短期間で爆発的に儲けるハイレバレッジの

投機方法を袋とじにして紹介してくれている。

詳細は実際に読んでもらうとして、要点は次のとおり。

①スワップは「オマケ」にすぎない
②資金を爆発的に増やすならデイトレ
③「売り」が出来なきゃ意味がない
④「成功者」になりきって考える
⑤「ハイレバだから危険」は見方次第で変わる
⑥スプレッドのタイトな業者を選ぶこと
⑦シストレが裁量に勝ることはない
⑧値ごろ感は命取り
⑨1日の値動きの大きいポンドが稼げる
⑩レバレッジの計算は無意味
⑪損切り!損切り!損切り!
⑫1度入れたストップは変えない
⑬デモトレは無意味
⑭トレンドを見るには「平均足」
⑮相場の行き過ぎを見るには「ボリンジャーバンド」
⑯pipsで負けても利益で勝つ
⑰目標は1日1%の利益
⑱ニュースは事後確認のみ

私はポンドではなくドル円しかやらないが、

ポンドを薦める本は意外に多い気がする。

やっぱり動きの大きさを利用することと

ドル円では介入や思惑で想定外の動きに

なりやすいのがポンドを薦める理由らしい。

私はドル円の動きでさえ充分に怖いと思うけれど

やっぱり儲けている人は値動きを求めるものらしい。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 なぜFXは嫌われるのか?
第2章 ハイレバレッジ・ライフ
第3章 「南緒トレード」常識を捨てよう!
第4章 「南緒トレード」入門編
第5章 「南緒トレード」チャートの見方
第6章 「南緒トレード」が勝ち続ける理由/「南緒トレード」特別袋とじ
第7章 君が買うなら僕は売りまくる
第8章 ド素人が「南緒トレード」に挑戦してみた!

FX革...

FX革...

価格:1,365円(税込、送料別)

|

« ロブ・ブッカーさんの『超カンタンアメリカ最強のFX理論』を読んでみた | トップページ | 小宮一慶さんの『〈即解!〉金融のしくみ21世紀版』を読んでみた »

FX(外国為替証拠金取引)」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 南緒さんの『FX革命!』を読んでみた:

« ロブ・ブッカーさんの『超カンタンアメリカ最強のFX理論』を読んでみた | トップページ | 小宮一慶さんの『〈即解!〉金融のしくみ21世紀版』を読んでみた »