« マルコム・グラッドウェルさんの『第1感』を読んでみた | トップページ | 小宮一慶さんの『現金は24日におろせ!』を読んでみた »

2010年10月 9日 (土)

小宮一慶さんの『「1秒!」で財務諸表を読む方法』を読んでみた

小宮さんの『「1秒!」で財務諸表を読む方法
仕事に使える会計知識が身につく本』を読んでみた

 (5つが最高)

1秒で財務諸表を読むには、流動負債と流動資産を見る。

この本は、1秒で財務諸表を読む方法を取っ掛かりに

会計に関するさまざまな話に展開していく。

確かにタイトルと中身が乖離しているように見えるが、

私のように会計の知識がない者にとっては

大変ありがたいビジネスマン向けの本である。

特に前半の貸借対照表や損益計算書、増し分利益までは

とても分かりやすく実際の仕事にも役に立つはずである。

ただ、コンサルタントにとっては簡単な初歩的概念

なのかもしれないが、後半に行くにしたがって

直接原価計算やPPMなど馴染みのないものが出てきて

今までの会計の入門書と比べ歯ごたえがある気がした。

私はサービス業に従事しているので特に

原価計算には馴染みがなく、在庫調整による

利益変動は実感がわかなかった。

PPM(プロダクト・ポートフォリオ・マネジメント)の話は、

小林製薬と花王の事例自体は大変面白かったが

PPMの使い方はいまいち理解できなかった。

私にとっては何度か繰り返し読んで

理解を深める必要がある1冊である。

情報が盛りだくさんの本だが、そんな中でも

この本と同時期に読んでいる『ザ・ゴール』の

「スループット会計」についてまで言及があり

小宮さんがその分野の本も書いていることを

知ることが出来たので、今度書店で探してみたい。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 貸借対照表―1秒だけ財務諸表を見るなら、どこを見るか?
第2章 損益計算書―なぜ、国の財政は破綻しないのか?
第3章 キャッシュフロー―なぜ、リニアや第二東名はなかなか完成しないのか?
第4章 固定費と変動費―なぜ、IT企業はブランドにこだわるのか?
第5章 増し分利益―なぜ、航空券には早割り格安チケットがあるのか?
第6章 直接原価計算―なぜ、液晶テレビの価格はどんどん下がるのか?
第7章 PPM―なぜ、小林製薬ではヒット商品が次々と生まれるのか?
第8章 付加価値―なぜ、企業業績は良いのに『現金給与総額』は上がらないのか?

「1秒!」で財務諸表...

「1秒!」で財務諸表...

価格:1,575円(税込、送料別)

|

« マルコム・グラッドウェルさんの『第1感』を読んでみた | トップページ | 小宮一慶さんの『現金は24日におろせ!』を読んでみた »

小宮一慶」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小宮一慶さんの『「1秒!」で財務諸表を読む方法』を読んでみた:

« マルコム・グラッドウェルさんの『第1感』を読んでみた | トップページ | 小宮一慶さんの『現金は24日におろせ!』を読んでみた »