« 親野智可等さんの『「親力」で決まる!』を読んでみた | トップページ | 陰山英男さんの『本当の学力をつける本』を読んでみた »

2010年12月 2日 (木)

小宮一慶さんの『「1秒!」で財務諸表を読む方法』【実践編】を読んでみた

小宮さんの『「1秒!」で財務諸表を読む方法』【実践編】を読んでみた

 (5つが最高)

1秒で財務諸表を読むには、流動負債と流動資産を見る

というのが、前作の『「1秒!」で財務諸表を読む方法』で

説明されていたが、今回はその続編となる実践編。

企業の実力を見抜くための「財務分析」の手法が

分かりやすく解説されている。

ビジネスで数字を扱う人だけでなく、株式投資を

している人も、これを読んでおくと勘所が押さえられる。

また、何よりも企業を分析することが楽しくなってくる。

第5章の資金繰り分析がやや駆け足な気がするが、

それ以外は興味ある企業例が出てきて参考になる。

特に参考になったところを挙げておくと、

会社の実力を「安全性→収益性→成長性」の

順に見るということ。そして、「安全性」は

貸借対照表で見るということ。

また、実践編らしく一般論だけで片付けてしまう

危険性にも触れていて、注意すべき場合を

指摘してくれているところは有難い。

騙されるポイントは①売掛金、②たな卸資産、

③長期借入金としている。

損益計算書の見方の第1のポイントは

売上高「および」利益が伸びているかどうか。

これは、どちらかが伸びていれば良いという

ものではないことを示している。

収益性分析では全体とセグメントを分析する

重要性を個別の企業を見ながら解説している。

これで第5章のキャッシュフロー計算書の

解説がもっと充実していれば言うことなしだった。

とにかく参考になることが多くお薦めの1冊。

【目次】
第1章 貸借対照表の見方・読み方[基礎編]
    ──安全性分析1
第2章 貸借対照表の見方・読み方[実践編]
    ──安全性分析2
第3章 損益計算書の見方・読み方[基礎編]
    ──収益性分析1
第4章 損益計算書の見方・読み方[実践編]
    ──収益性分析2
第5章 キャッシュフロー計算書の見方・読み方
    ──資金繰り分析

「1秒!」で財務諸表を読む...

「1秒!」で財務諸表を読む...

価格:1,575円(税込、送料別)

|

« 親野智可等さんの『「親力」で決まる!』を読んでみた | トップページ | 陰山英男さんの『本当の学力をつける本』を読んでみた »

小宮一慶」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小宮一慶さんの『「1秒!」で財務諸表を読む方法』【実践編】を読んでみた:

« 親野智可等さんの『「親力」で決まる!』を読んでみた | トップページ | 陰山英男さんの『本当の学力をつける本』を読んでみた »