« マルコム・グラッドウェルさんの『採用は2秒で決まる!』を読んでみた | トップページ | 伊藤真さんの『夢をかなえる勉強法』を読んでみた »

2011年1月18日 (火)

東野圭吾さんの『パラドックス13』を読んでみた

東野さんの『パラドックス13』を読んでみた

 (5つが最高)

東野さんの作品には、大きく分けて2種類の作品がある。

1つは当然のことながら、推理小説に分類される作品で

あり、もう1つが科学に題材をとった作品である。

もちろんこれ以外の作品もあるし、両方の要素を上手く

取り入れた作品もあるが、私の中ではこの2つの分類が

とても重宝している。

では、今回読んだこの本は、どちらに分類できるかというと

科学に題材をとった作品のほうである。

作者の東野さん自身が、「世界が変われば善悪も変わる。

人殺しが善になることもある。これはそういうお話です」

と言っているとおり、そうしたパラドックスに満ちている。

ラストがどのようになるのかは読んでいただくとして

話としては、13時13分に突然、想像を絶する過酷な

世界が目の前に出現する。

陥没する道路や炎を上げる車、崩れ落ちるビルディング

など、破壊されていく東京に残されたのはわずかに13人

という、奇妙なサバイバルであり冒険譚のような展開。

しかし、なぜ彼らだけが地球上に残されたのだろうか。

彼らを襲った“P-13 現象”とはいったい何なのか。

生き延びていくために、必死になる中で、安楽死や

高齢化社会、都心の災害対策、性の問題など

人間が普段生きていくうえで文明に寄りかかって

考えていることが、実はあまりにも希薄な根拠しか

持っていないのではないかということを問いかけてくる。

リーダー格の男がメンバーのレイプ事件をきっかけに

「人類」の存続のために個人の想いを捨てさせようと

働きかけるが、女性たちは「人間」の尊厳を主張する。

この展開は、ある意味で東野さんらしい部分ではある。

けれど、このリーダー格の男に「答え」を求めて

読んできた読者には、違和感のある展開だと思う。

ましてや、最後の部分の生きる人間と死ぬ人間の

分け方は、説得的ではない。

後半部分で示されるリーダー格の行動指針が

「天は自ら助くる者を助く」というのも、SF的ではない。

そうなのだ、この本は、突然起きた“P-13 現象”という

世界の数学的矛盾(パラドックス)を読み解くSF物語

では、まったくないのである。

張りめぐらされた壮大なトリックなどもなく、

冒頭で私が示した「科学」的事象も実は存在しない。

この本は、どこまで行っても、人間ドラマなのだ。

ただ、推理小説ではないので、科学に題材をとった

作品のほうに分類するだけで、結局のところ

東野さんの作品の全てがそうであるように

この作品も人間が描かれている上質の作品なのだ。

SFや謎解きでないというだけで評価を下げるのは

この本の評価の仕方としては適切ではないだろう。

とにかく読み始めたら止められなくなる作品である

ということだけは、私の経験として書いておきたい。

推理小説は受け付けないという人にもお奨めです。

【送料無料】パラド...

【送料無料】パラド...

価格:1,785円(税込、送料別)

|

« マルコム・グラッドウェルさんの『採用は2秒で決まる!』を読んでみた | トップページ | 伊藤真さんの『夢をかなえる勉強法』を読んでみた »

エンターテイメント」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東野圭吾さんの『パラドックス13』を読んでみた:

« マルコム・グラッドウェルさんの『採用は2秒で決まる!』を読んでみた | トップページ | 伊藤真さんの『夢をかなえる勉強法』を読んでみた »