« 山田昌弘さんの『ワーキングプア時代』を読んでみた | トップページ | 午堂登紀雄さんの『33歳で資産3億円をつくった私の方法』を読んでみた »

2011年5月30日 (月)

三浦展さんの『団塊格差』を読んでみた

三浦さんの『団塊格差』を読んでみた

 (5つが最高)

この本は、『下流社会』の著者である三浦さんが

月刊「文藝春秋」と共同で行った団塊世代2000人の

全国調査によって得られたデータを分析している。

一塊とされる世代の中にも当然格差はあるという

分かりきったことではあるが、その差の開き具合は

意外なほどに大きいものである。

特に意外だったのは、団塊の世代でも退職金を

もらえない人が意外に多いということ。

そして、「塾経営者、塾講師、コンサルタント」という

分類の人たちが、以外に裕福な分類に登場してくること。

これは何か共通点があって、1つにまとめられたので

あろうが、塾の経営者と講師が同じような所得で

あるはずがなく、コンサルタントの内訳はかなり

ばらつきがあるはずである。

塾に関わったことがある人間としては、この分類には

かなりの違和感を覚えた。

それ以外でも、面白い調査結果は随所に見られたが

後は本を読んで見ていただきたい。

相変わらず、少しのサンプルからでも、大胆に分析を

試みる三浦流は健在であるが、今回はあまり私の

認識と異なるところがなく、物足りなさもあるが、

そもそも団塊の世代がそれほど変わった人たちの

集まりではないということなのかもしれない。

世代間格差に興味のある人には、団塊の世代を知る

ためにも、ぜひ読んで見て欲しい1冊である。

現代の若者を理解するヒントが、団塊の世代を知る

ことにあるような気が、この本を読むとしてくる。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 所得格差 所得150万円未満10%。1000万円以上13%。/第2章 資産格差 退職金なし35%。年金が不安。/第3章 仕事格差 学歴がなくても、階層上昇できた。/第4章 結婚格差 熟年離婚か、夫婦別室か。/第5章 定年格差 65歳まで働きたいが、仕事が足りない。/第6章 子育て格差 子どもの3割が非正規雇用者。/番外編 団塊世代人間図鑑

【送料無料】...

【送料無料】...
価格:798円(税込、送料別)

|

« 山田昌弘さんの『ワーキングプア時代』を読んでみた | トップページ | 午堂登紀雄さんの『33歳で資産3億円をつくった私の方法』を読んでみた »

自己啓発」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三浦展さんの『団塊格差』を読んでみた:

« 山田昌弘さんの『ワーキングプア時代』を読んでみた | トップページ | 午堂登紀雄さんの『33歳で資産3億円をつくった私の方法』を読んでみた »