« 山崎元さんの『超簡単お金の運用術』を読んでみた | トップページ | 廣重勝彦さんの『FX取引入門』を読んでみた »

2011年6月18日 (土)

藤井孝一さんの『「お金を稼ぐ!」勉強法』を読んでみた

藤井さんの『「お金を稼ぐ!」勉強法』を読んでみた

 (5つが最高)

この本は、「学んだこと」を確実に「お金に変える」技術

について豊富な事例を交えて教えてくれるものである。

特に参考になった点は次のとおり。

・やりたいことではなく、生かせることを勉強する
・学んだだけでは意味がない、稼ぎを生みだす
 仕掛けにまで育ててナンボ
・アウトプット重視で勉強する
・学んだことは、使えば使うほど稼ぎにつながる
・会社や世の中が求めているものについて
 「専門家」を名乗ることが大切
・絶対学んでおきたいのは、英語・会計・マーケティング
・アウトプットのための「生かせる資格」を取る
・必要な能力以上の勉強はしない
・「稼ぐこと」は「人の役に立つこと」という視点を忘れない
・勉強は意志に頼らず習慣化する
・参考書は「買いまくり」「読みまくる」こと
・ブログで自分を売り込み、メルマガで見込み客を探し、
 SNSで人脈を広げる
・人に教えることは究極の勉強
・成功したかったら本を書け
・人よりちょっと詳しいことを武器にする
・仕組みとネットワークを作り、仲介業務を行う
・早朝勉強を始める
・家族と目標を共有する
・本当にやめたくなったら、思い切ってやめるのも勇気

多くの本が「やりたいことを仕事にするべき」と主張する

中にあって、「やりたいことではなく、生かせることを

勉強するべき」という主張は、サラリーマン的発想だろう。

しかし、いまさら「やりたいこと」を探しているわけにも

いかない40歳を過ぎたオジサンには、とても実際的な

アドバイスである。

実は、このことは「やりたいこと」が見つからない若者が

何かを始める際にも有効なことだと思う。

また、「本当にやめたくなったら、思い切ってやめるのも

勇気」という主張も、とても現実的だと思う。

年収2000万円以上になるための「自己投資術」など

にも話が及んでいるが、考え方自体はとても現実的で

サラリーマンが勉強する際にとても役に立つものが

豊富に揃えられている。

「お金を稼ぐ」ことの難しさを分かっている人の本という

感じで、参考になることが多かった。

【目次】(「BOOK」データベースより)
1章 ちょっとした勉強で「年収を倍増する仕掛け」とは?(「勝ち組の勉強」と「負け組の勉強」―これだけ差が出る!/勉強するだけでは、「1円」も稼げない! ほか)/2章 「お金にならない勉強」はするな!(「資格があれば何とかなると思っている」/「必要な能力以上の勉強をしている」 ほか)/3章 年収2000万円以上になるための「自己投資術」(「いつ」までに、「いくら」稼ぎたいのか?/「勉強道具」には惜しみなくお金を使え ほか)/4章 今より3倍稼ぐ「超アウトプット勉強法」(勉強しながら同時にアウトプットせよ!/ブログで「お金をかけずに」自分を売り込む! ほか)/5章 とにかく3週間続ければ人生が変わる!(なぜ挫折してしまうのか?―勉強が続かない人の共通点/9時に帰ると決めたら、9時に帰る! ほか)

|

« 山崎元さんの『超簡単お金の運用術』を読んでみた | トップページ | 廣重勝彦さんの『FX取引入門』を読んでみた »

自己啓発」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 藤井孝一さんの『「お金を稼ぐ!」勉強法』を読んでみた:

« 山崎元さんの『超簡単お金の運用術』を読んでみた | トップページ | 廣重勝彦さんの『FX取引入門』を読んでみた »