« 渋井真帆さんの『大人のたしなみビジネス理論一夜漬け講座』を読んでみた | トップページ | 藤田田さんの『勝てば官軍』を読んでみた »

2011年6月11日 (土)

山崎元さんの『「投資バカ」につける薬』を読んでみた

山崎さんの『「投資バカ」につける薬』を読んでみた

 (5つが最高)

この本は、「投資について何も知らない人」ではなく、

むしろお金をふやすための「意識の高い」人向けに

バカを見ないための処方箋が詳しく解説されている。

売り手の利益は買い手の損失ということを意識しろ

ということから、運用商品について考えるときには

「売り手から見ると、いったいどういう商品なのか」を

常に考える癖をつけろというのが基本。

そのほかにも参考になったものは次のとおり。

①投資に「短期は不利」「長期は有利」という法則は
 当てはまらない。
 通常、運用期間が長くなると、期待収益も資産の
 額の不確実性も、ともに大きくなる
 しかし、手数料等の一時的なコストの投資期間
 あたりの影響を薄めるためには非常に有効
②手数料の高すぎる投資信託は買うな。
 自分の資産は自ら個別銘柄を選んで運用する
 のがベスト
③チャート分析は信用してはいけない。
 有効性を科学的に立証したテクニカル分析はない
 プロの運用の世界ではテクニカル分析はまともな
 運用の手法としては認められていない
 意味のあるトレンドは事後的にしか分からない
④日本がデフォルトになる可能性は当面かなり低い
 「起こる確率」を冷静に分析するべき
⑤生命保険ほど手数料が不透明な商品はなく、
 基本原則の観点からも購入すべきではない。
⑥運用の良いファンドを事前に選ぶことなどできない。
 過去のパフォーマンスと将来のパフォーマンスとの
 間に「相関はない」
 アクティブファンドの運用成績は市場平均を
 下回っている
⑦分散投資は3銘柄からスタートする。
 同じ業種の銘柄を避けながら銘柄数を増やしていく
 どれか1銘柄が大きく下げてもあまり気にならない、
 という心境を目指す
⑧不動産投資で儲けられるのは、不動産屋と銀行だけ。
 マイホームの購入も「投資」と考えるべき
⑨経済合理的に判断するかぎり、毎月分配型ファンド
 の購入を推奨できる状況は存在しない。
⑩ドルコスト平均法は有利でも不利でもない。
 ドルコスト平均法は経済合理的とは言えない
 有利な方法だと過信しているとリスクの集中に
 つながるので危険である
⑪「ファンド・オブ・ファンズ」を買うのは投信の二重購入。
⑫為替リスクは「投資のリスク」ではなく「投機のリスク」。
⑬金投資は考えるべきではない。
 金塊そのものは何の価値も生み出さない
 商品先物業界が「ハイリスク・ハイリターン」という
 表現を使い続けている間は、金を含めて先物取引に
 手を出すのは避けたほうが賢明
⑭法律も制度も異なる異国のプライベートバンクを
 信用してはいけない。
 プライベートバンクで安全で有利な運用はできない

儲かる方法については別の本で勉強するとして、

とにかく投資でバカを見ないためにはぜひ読んで

おくべき1冊である。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1部 「常識への問いかけ」編その常識、ホントは間違いだらけ!(「いま投資すれば、確実に儲けることができます」と言われたら…「だったら、なぜ自分で投資しないのですか?」/「長期投資をすればリスクを減らせるので、大きくリスクを取れます」と言われたら…「リスクが減少する根拠を具体的に提示してください」/「低金利の銀行預金で資産運用するのはバカバカしいと思いませんか?投資信託なら高い利回りが期待できます」と言われたら…「コストの高い投資信託が、なぜそんなにお勧めなのですか?」 ほか)/第2部 「情報への問いかけ」編情報に踊る人は儲からない(「私の編み出した投資法は完璧です」と言われたら…「その投資法が正しいのなら、どうして皆が真似しないのですか?」/「良いファンドを選べば、手数料を差し引いてもベンチマークより高い利回りが期待できます」と言われたら…「良いファンドをなぜ事前に見分けられるのか、その根拠を説明してください」/「効率の良い銘柄に集中投資するべきです。その方がガツンと儲けられますよ」と言われたら…「集中投資をすれば、リスクも集中してしまうのではありませんか?」 ほか)/第3部 「流行への問いかけ」編流行に乗ろうとすると火傷する(「毎月分配型ファンドがこれだけ売れているのは、個人投資家のニーズに合った商品だからです」と言われたら…「毎月分配型ファンドは、本当は損なのではありませんか?」/「ドルコスト平均法で投資すれば、リスクが減って、購入単価が低下するので有利です」と言われたら…「リスクが集中し、余計なコストがかかるドルコスト平均法のどこが有利なのですか?」/「成功報酬型の手数料ならフェアですし、ファンドマネージャーも真剣に運用しますよ」と言われたら…「成功報酬型とは、ただでオプションを渡しているようなものではありませんか?」 ほか)

【送料無料】「投資バカ...

【送料無料】「投資バカ...
価格:1,575円(税込、送料別)

|

« 渋井真帆さんの『大人のたしなみビジネス理論一夜漬け講座』を読んでみた | トップページ | 藤田田さんの『勝てば官軍』を読んでみた »

金融・経済」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山崎元さんの『「投資バカ」につける薬』を読んでみた:

« 渋井真帆さんの『大人のたしなみビジネス理論一夜漬け講座』を読んでみた | トップページ | 藤田田さんの『勝てば官軍』を読んでみた »