« 押切もえさんの『心の言葉』を読んでみた | トップページ | 二階堂重人さんの『FX常勝の平均足トレード』を読んでみた »

2011年6月 7日 (火)

城繁幸さんの『世代間格差ってなんだ』を読んでみた

城繁幸/小黒一正/高橋亮平さんの『世代間格差ってなんだ
若者はなぜ損をするのか?』を読んでみた

 (5つが最高)

この本は、若者が社会の仕組みの中でいかに損を

させられているかということを詳細に検討している。

内容は、『若者はなぜ3年で辞めるのか?』や

『3年で辞めた若者はどこへ行ったのか』の城さんが

雇用問題を、公共経済学を専門にしている小黒さんが

社会保障を、元市議会議員の高橋さんが政治参加と

子育て・教育・家族をそれぞれ担当している。

そして、城さんの主張はこれまでどおり、明快である。

実現すべき6つの雇用マニュフェストは次のとおり。

①人材市場流動化のため、労働条件の不利益変更、
 解雇ルールの明文化
②非正規雇用労働者からの採用枠を大手企業に
 義務付ける
③流動化を前提にした「同一労働同一賃金」の
 法制化
④雇用調整助成金の廃止
⑤雇用保険の無期限化及び生活保護との一本化
⑥退職金優遇税制の廃止

どれも少し考えただけで、問題があるように思える

ものばかりだが、逆に言えば、それほど現状の制度が

使い物にならなくなっているということだろう。

また、小黒さんの社会保障マニュフェストは次のとおり。

①世代間格差を是正するため、世代間公平に関する
 基本法を制定する
②社会保障の受益と負担の調整を担う独立機関を
 設置する
③受益水準やベース財源(公債は除く)は政治が
 決定し、社会保障予算をハード化する
④世代間公平の観点から、社会保障に事前積立を
 導入し、その負担水準や積立の経路は独立機関が
 決定する

これまた、独立機関なんて危険な発想だが、

政治不信がこれほどまでになってしまうと

仕方のない発想なのかもしれない。

しかし、次の政治に関する提言は私は賛成しかねる。

「16歳選挙権の実現による若年有権者の増加」

私はむしろ現在の20歳も若すぎると思う。

若者の意見を政治に反映する仕組みということだが

こんな馬鹿な話はない。

もし、ある特定の層の意見を取り入れるために

その層の選挙権を持つ人数を増やさなければ

いけないのだとすると、もともと人数が少ない

人たちの意見は反映させる手段がないことになる。

たとえば、この発想では障碍者のための政策という

ものは、どれほど障碍者以外の者が考えても、

いいものができないということになってしまう。

そんなことは実際にはないし、そのように人間を

定義するなら政治なんてものは無意味になってしまう。

子供を守り育てるルールを大人が作れると考えるのと

同様に、若者に損をさせない社会を選挙で選ばれた

人間は作れると考えるからこそ民主主義が成り立つ。

もし老人が選挙で選ばれたら、老人にとってのみ

有利な社会が作られてしまうと考えるなら、

誰も同世代の候補者以外には投票しなくなってしまうし、

高齢化社会は高齢者優遇社会になって、若者が

住めなくなってしまうということになる。

問題は、若者が投票しないから若者が損をさせられる

社会になってしまったのではなく、若者に目を向け

なければ国が衰退してしまうことを無視し続けた

政治家の能力のなさにあるのであり、そのような

政治家を許してきた私たち有権者にあるのである。

当然のことであるが、若者が不当に損をさせられる

社会は是正しなければならない。

けれども、若者だからというだけで優遇する必要はない。

世代間格差の是正については、実は答えはすでに

出ていると思う。

若者への損の押し付けを解消して格差を是正する

ほどの国力がないのなら、優遇されている層から

若者へ回してもらうしかない。

この本は、あらゆる世代に格差について考えてもらう

という意味で、ぜひ読んでみていただきたい本である。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 労働ビッグバンが若者を救う-雇用問題(若者が消極的にならざるを得ない閉塞状況/終身雇用と年功序列が息苦しさの元凶 ほか)/第2章 「世代間公平基本法」の制定を急げ-社会保障(社会保障こそ世代間格差の代表だ/「賦課方式」が不公平を生む ほか)/第3章 ユース・デモクラシーの構築-政治参加(世代間格差は「いまそこにある危機」/高齢者の声に押されるメディアと政治家 ほか)/第4章 人生前半の社会保障の構築-子育て・教育・家族(社会保障も若者向けの支出は少ない/教育・子育て・労働などにおける社会保障が必要 ほか)/終章 各政党マニフェスト評価ダイジェスト(雇用マニフェスト/財政・社会保障マニフェスト ほか)

【送料無料】世代間格...

【送料無料】世代間格...
価格:756円(税込、送料別)

|

« 押切もえさんの『心の言葉』を読んでみた | トップページ | 二階堂重人さんの『FX常勝の平均足トレード』を読んでみた »

自己啓発」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 城繁幸さんの『世代間格差ってなんだ』を読んでみた:

« 押切もえさんの『心の言葉』を読んでみた | トップページ | 二階堂重人さんの『FX常勝の平均足トレード』を読んでみた »