« 向井雅明さんの『ラカン対ラカン』を読んでみた | トップページ | 大江健三郎さんの『「話して考える」と「書いて考える」』を読んでみた »

2011年9月26日 (月)

勝間和代さんの『高学歴でも失敗する人、学歴なしでも成功する人』を読んでみた

勝間さんの『高学歴でも失敗する人、
学歴なしでも成功する人』を読んでみた

 (5つが最高)

この本は、「頭がいい」といわれている人たちを

アカデミック・スマートとストリート・スマートに分け、

ストリート・スマート力を持っていないアカデミック・

スマートだけの人は淘汰されていくとしている。

確かに学歴だけ高くて使えない人間というのは

多いが、学歴なしなのに使える人間というのは

そんなにも数が多いものなのだろうか。

ストリート・スマート力を持っているなら、どうにか

してアカデミック・スマートも身に付けるのではない

だろうか。

ただ、私の今回のこの本の楽しみ方は「学歴」

などというところにはなく、次のような箇所であった。

『多くの日本人は、数字と数字を組み合わせた瞬間に
頭がフリーズしてしまって、議論にならなくなってしまう
のです。インフレになると金利が上がって国債の支払い
が滞るという論もよくありますが、インフレになっても、
金利を上回って税収が上がれば、滞ることはありません』

勝間さんがよく言っているようにインフレを引き起こす

ことができるとしても、ではどのようにして税収を増やす

のかということは、まったく分からないままである。

逆に言えば、税収を増やす方策があるならインフレは

必要ない気がするし、インフレにすることで税収が

必ず増えるなどということが言えるとは思えない。

この本は、別に経済について論じた本ではないので

このことについて詳しく書いていないからといって

どうということはないが、もし勝間さんが「多くの日本人

は、数字と数字を組み合わせた瞬間に頭がフリーズ

してしまって、議論にならなくなってしまう」から説明

などいらないのだと考えているとするなら、悲しむ

べきことである。

勝間さんには、これからもフリーズしそうになる頭を

無理やりにでも揺さぶってもらいたいものである。

【目次】(「BOOK」データベースより)
序章 頭がいい生き方のすすめ(ストリート・スマート/マッキンゼーの入社試験で見られていることは ほか)/1章 頭がいい人の7つの習慣(ものを概念化する癖がある/切れ味のいい「オッカムのカミソリ」を持っている ほか)/2章 頭がいい人の7つのスキル(決して情報を鵜呑みにしない/例外処理が得意 ほか)/3章 新しい考え方をもたらす7つの視点(知的な継続した興味/クリティカル・シンキング ほか)/4章 頭をよくする7つの方法(知識・教養を楽しみながら習得し続ける/「概念のボキャブラリー」を増やす ほか)

【送料無料】高学歴でも失敗する人、学...

【送料無料】高学歴でも失敗する人、学...
価格:777円(税込、送料別)

|

« 向井雅明さんの『ラカン対ラカン』を読んでみた | トップページ | 大江健三郎さんの『「話して考える」と「書いて考える」』を読んでみた »

勝間和代」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 勝間和代さんの『高学歴でも失敗する人、学歴なしでも成功する人』を読んでみた:

« 向井雅明さんの『ラカン対ラカン』を読んでみた | トップページ | 大江健三郎さんの『「話して考える」と「書いて考える」』を読んでみた »