« アラン・ピーズさんの『話を聞かない男、地図が読めない女』を読んでみた | トップページ | 藤井孝一さんの『会社を辞めずに起業する!週末起業完全マニュアル』を読んでみた »

2011年10月31日 (月)

午堂登紀雄さんの『問題解決力をつける本』を読んでみた

午堂さんの『問題解決力をつける本』を読んでみた

 (5つが最高)

この本は、著者がかつて、経営コンサルティング

ファーム、アーサー・D・リトルに在籍していた時代の

経験を盛り込んだ「問題解決力の高め方」を

テーマにした本である。

また、「ロジカルに考え、ぶっ飛んで発想する」ための

使えるスキルを紹介し、できるビジネスマンの

知的生産術が身につくように考えられた本である。

内容的には問題解決の基本的な考え方に加え、

コンサルタントが経営コンサルティングの場面で使う

「フレームワーク」を図解入りで紹介している。

ただ、よく知られたフレームワークの紹介が中心で、

この本だけで問題解決力が身につくとは思えない。

午堂さん自身は頭のよい人だと思うので、その著書の

タイトルをとてもキャッチーなものにして本を買わせる

ところまではとても上手いと思うが、どれも中身の

深堀りができていないので、浅い知識しか身に付かず

リピーターを獲得するには至っていないのではないか。

午堂さんは知識量は申し分ない人だと思うので、

もう少し「ぶっ飛んで発想」してもらいたかった。

フレームワークの復習やまとめをしたい方には

お手軽な1冊であるとは言える。

【目次】(「BOOK」データベースより)
1章 「問題解決力」が仕事と人生に大差をつける!-“年々、進化する人”の共通点とは?/2章 まず、問題の「真因」を見極める-こうすれば“発見力”が10倍アップする/3章 問題をロジカルに「分析」する-頭ひとつ抜きん出る“論理力”の身につけ方/4章 解決策の「仮説」を立てる-限られた情報・時間の中で“最適解”を見つけるトレーニング/5章 さらにぶっ飛んで「発想」する-“すごい解決策”がひらめく人の習慣/6章 戦略を自信をもって「実行」に移す-「思考」を「行動」に直結させ、「成果を出す」ために

|

« アラン・ピーズさんの『話を聞かない男、地図が読めない女』を読んでみた | トップページ | 藤井孝一さんの『会社を辞めずに起業する!週末起業完全マニュアル』を読んでみた »

自己啓発」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 午堂登紀雄さんの『問題解決力をつける本』を読んでみた:

« アラン・ピーズさんの『話を聞かない男、地図が読めない女』を読んでみた | トップページ | 藤井孝一さんの『会社を辞めずに起業する!週末起業完全マニュアル』を読んでみた »