« 山田昌弘さんの『結婚の社会学』を読んでみた | トップページ | 古賀茂明さんの『日本中枢の崩壊』を読んでみた »

2011年12月30日 (金)

ロバート・キヨサキさんの『あなたに金持ちになってほしい』を読んでみた

  • ドナルド・J・トランプ/ロバート・T・キヨサキさんの
    『あなたに金持ちになってほしい』を読んでみた
  •  (5つが最高)

    この本は、『金持ち父さん貧乏父さん』シリーズで有名な

    ロバート・キヨサキさんと、不動産王のドナルド・トランプ

    さんのお金持ちになるためのアドバイス集である。

    まず、必要なことは「勝つために投資する」こと。

    これは「負けないように投資する」こととは違う。

    では、具体的にはどういうことかというと、「一生懸命に

    働こう」というアドバイスに対し、自分自身が一生懸命に

    働いていたのではお金持ちにはなれないということだ。

    それではレバレッジが生まれないので、お金自身や

    他人に働いてもらわなければならないということになる。

    また、ここで言うレバレッジとは、借金のことでもあるが

    最も重要なものは、自分の頭脳である。

    この頭脳を上手く使えなければお金持ちにはなれない。

    そこで、誰でも今すぐにできることは、ファイナンシャル・

    リテラシーをきちんと身に付けるということだ。

    そのうえで、創造力があなたを金持ちにしてくれる。

    トランプ流に言えば、「でっかく考えろ、拡大を考えろ」

    ということになる。

    『ただでっかく考えるだけでなく、拡大を念頭において
    発展的に考えてみよう。起業家が発展的に考えると
    いう場合、そこには、何が可能かを見て、それを実現
    することが含まれる。起業家は将来を見通し、それを
    直感的な判断とか、当然の成り行きと呼ぶ。一方、
    世の中の残りの人はそれを革新(イノベーション)と
    呼ぶ』

    『革新が、実は常識的な考え方と非常識的な考え方
    とが合体して生まれたものだという場合はよくある。
    その結果生まれたものは、確かに独創的ではあるが、
    「革新的な組み合わせ」以外の何ものでもない』

    2人とも不動産投資で財を成したため、不動産投資を

    勧めている箇所も出てくるが、基本的には頭を使えと

    いうことだ。

    他人を使うか、お金を使うかしてレバレッジを効かせる

    ためには、とにかく前提として頭の使い方を考えなけれ

    ばならない。

    2人を批判することは簡単であるが、2人のような金持ち

    になることは難しい。

    このことが物語っている意味を、実はほとんどの人が

    理解していると思う。

    2人からの最後のメッセージは、「あなたの人生を

    変えられるのは、あなた以外にはいない」である。

    久しぶりのキヨサキさんの本だったが、面白かった。

    【目次】(「BOOK」データベースより)
    第1部 ドナルド・トランプとロバート・キヨサキがこの本を書いた理由(ミリオネア、ビリオネアに会う/私たちが心配していること ほか)/第2部 三種類の投資家(勝つために投資する/戦いの種類と場所を選ぶ ほか)/第3部 人生を左右する決定的瞬間(父親から何を学んだか?/母親から何を学んだか? ほか)/第4部 あなたがもし私の立場だったら?(まだ学生ですが、何をしたらいいですか?/大人でもあまりお金がない場合はどうしたらいいですか? ほか)/第5部 最初の一歩を踏み出そう(なぜ不動産に投資するのか?/なぜネットワークビジネスを勧めるのか? ほか)

    【送料無料】あなたに金持ち...

    【送料無料】あなたに金持ち...
    価格:2,310円(税込、送料別)

    |

    « 山田昌弘さんの『結婚の社会学』を読んでみた | トップページ | 古賀茂明さんの『日本中枢の崩壊』を読んでみた »

    自己啓発」カテゴリの記事

    コメント

    この記事へのコメントは終了しました。

    トラックバック


    この記事へのトラックバック一覧です: ロバート・キヨサキさんの『あなたに金持ちになってほしい』を読んでみた:

    « 山田昌弘さんの『結婚の社会学』を読んでみた | トップページ | 古賀茂明さんの『日本中枢の崩壊』を読んでみた »