« 中野瑛彦(ナカノテルヒコ)さんの『ブログで始める超速起業入門』を読んでみた | トップページ | リンクアップの『今すぐ使えるかんたんTwitterツイッター入門』を読んでみた »

2011年12月 3日 (土)

大塚英樹さんの『柳井正未来の歩き方』を読んでみた

大塚さんの『柳井正未来の歩き方』を読んでみた

 (5つが最高)

この本は、大塚さんがユニクロの柳井さんにインタビュー

したものを中心に構成されていて読みやすい。

一勝九敗』や『成功は一日で捨て去れ』を読んできた者

には新しいことは少ないかもしれないが、エッセンスが

凝縮されているということでは、やはり良書である。

それにインタビューに答える形の柳井さんの発言は

やはり言葉に想いが込められていて説得力がある。

明らかな勝ち組の強気の発言として敬遠されることも

多い柳井さんではあるが、いっていることは凄くまともな

ことばかりである。

ただ、それが一部の人にはかえって気に障るのでも

あると思うが、有限実行の経営者には、そんなことを

気にせず、これからも発言してもらいたい。

柳井さんほど自信を持って発言できる経営者が

日本にどれほどいるのかわからないが、たとえば

次のようなユニクロ型デフレ論への反論などは

本当に気持ちがいいくらいである。

『安いだけの商品は、もう売れないですよ。
われわれが「九九〇円ジーンズ」を売り出したのは、
「付加価値のある商品を低価格で提供します」という
宣伝効果を狙って、ということもありました。
最初にやればニュース性がある。でも、二番煎じ
では意味がない。そういうことは、お客様の方が
見抜いていると思いますけどね。』

もっとこういう経営者が出てきてくれると、日本も違って

くるのだろうけど、柳井さんに言わせれば、そんな誰かが

やってくれると期待していないで、自分でやりなよという

ことかもしれないが、、、

経営者などではなく、自分の持ち場で頑張っている

多くの人たちにとっても、やる気が出る1冊だと思う。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 ユニクロはどこへ行く?(「ユニクロ型デフレ」は本当か?/景気は業績悪化の理由にならない ほか)/第2章 経営とは「矛盾」を解決すること(儲けて、会社を潰さないことが最大の使命/「ただのカネ儲け」では通用しない ほか)/第3章 「自己否定」できる人材だけが生き残る(「偉いさんタイプ」が会社をダメにする/不振事業の根本はすべて同じ ほか)/第4章 青年・柳井正も「落ちこぼれ」だった(「日本一の大富豪」の意外な素顔/大きかった父親の存在 ほか)/第5章 ユニクロの未来、日本の可能性(「経済敗戦」を認めるしかない/国からカネを施されるようになったら終わり ほか)

【送料無料】柳井正未...

【送料無料】柳井正未...
価格:1,575円(税込、送料別)

|

« 中野瑛彦(ナカノテルヒコ)さんの『ブログで始める超速起業入門』を読んでみた | トップページ | リンクアップの『今すぐ使えるかんたんTwitterツイッター入門』を読んでみた »

自己啓発」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大塚英樹さんの『柳井正未来の歩き方』を読んでみた:

« 中野瑛彦(ナカノテルヒコ)さんの『ブログで始める超速起業入門』を読んでみた | トップページ | リンクアップの『今すぐ使えるかんたんTwitterツイッター入門』を読んでみた »