« 望月護さんの『ドラッカーの実践経営哲学』を読んでみた | トップページ | 橘由子さんの『ほんとうに、このままでいいの?』を読んでみた »

2012年2月25日 (土)

横須賀てるひささんの『もう、資格だけでは食べていけない』を読んでみた

横須賀さんの『もう、資格だけでは食べていけない
本気で年収激増させたい人必読の“資格起業虎の巻”』を読んでみた

 (5つが最高)

この本は、行政書士の横須賀さんが士業ビジネスの

「真実」と「本当に結果が出る方法」を丁寧に解説して

くれている。

横須賀さんの本を読むのは『行列のできる行政書士

事務所の作り方』に続いて2冊目になる。

今回、印象的だったのは、これまでの士業のあり方を

変えていくことにより「士業ジリ貧時代」にも通用する

タフなメンタルや考え方を伝えているところ。

たとえば、次のような点。

①「先生」と呼ばれるに値する実力を持つ
 士業は実務ができることが「最低ライン」
②資格起業家はお金のリテラシーを身に付けよう
 企業経営や個人の資産運用に必要となる
 ひととおりのお金の知識は、士業であれば
 必ず身に付けておきたい
③株式会社をつくり、経営者としての意識を持とう
 早い段階でセミナーや教材販売、コンサルティング
 などの派生事業を行うための会社を、士業事務所
 とは別につくってほしい
④士業はゼネラリストになってほしい
 専門家は「代えが効く存在」なので、お客様にとって
 「ただの士業」ではなく、代えがたいほど優秀な人材
 になっていくしか、生き残る方法はない

他にも今までの士業のイメージとは異なる戦略も

前著同様に盛りだくさんである。

①稼ぐための「ビジネスモデル」を構築する
②一番成功率が高いのは「コンテンツ型資格起業家」
③マーケティングに本気で取り組む
④「所長」として組織を大きくし、チームで勝ち抜く

ITを利用することは、最近の成功している士業の

共通点のようだが、横須賀さんはメルマガが

セミナーの集客や教材販売にはもっとも効果が

あるとしている。

そして、ブログやTwitterなどは補助の補助に

過ぎないとしている。

書かれていることはとても興味深いが、相変わらず

私には、かなり難易度が高い戦略だと思える。

けれど、楽して稼げる商売はないということを

教えてくれる良い本ではある。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 「資格起業家」で新しい時代を生き抜こう!/第2章 「士業ジリ貧時代」には、タフなメンタルが求められる!/第3章 稼げる“資格起業家”になる「ビジネスモデル構築法」/第4章 一番成功率が高い!「コンテンツ型資格起業家」のはじめ方/第5章 マーケティングに本気で取り組むだけで、ライバルに大きく差を付けられる!/第6章 「所長」として組織を大きくし、チームで勝ち抜く意識を持て!

【送料無料】もう、資格だけで...

【送料無料】もう、資格だけで...
価格:1,575円(税込、送料別)

|

« 望月護さんの『ドラッカーの実践経営哲学』を読んでみた | トップページ | 橘由子さんの『ほんとうに、このままでいいの?』を読んでみた »

自己啓発」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 横須賀てるひささんの『もう、資格だけでは食べていけない』を読んでみた:

« 望月護さんの『ドラッカーの実践経営哲学』を読んでみた | トップページ | 橘由子さんの『ほんとうに、このままでいいの?』を読んでみた »